月別アーカイブ: 2016年10月

シングルマザーという生き方|なぜ、彼女たちは苦難の道を選ぶのか?

今の時代はシングルマザーで未婚となった人が多くなっていますが、その中でどんな理由が挙げられるのでしょうか。

■シングルマザーで未婚となる理由

妊娠を伝えたら彼が逃げ出したという理由が一番多くありました。一時的な快楽だけを求めてセックスをしたい男は子供ができてしまった現実を受け入れることが出来ず、逃げてしまうことがあるといわれています。恋愛関係にある男女がセックスをするのは当たり前のことで、セックスが子供を作る行為ということを忘れて、避妊もせず自分の犯した責任を逃げて解決しようと考えている男性が多く、女性の方が、自分が育てると決断して、未婚でシングルマザーを選択するのです。

また、結婚の意思がない相手の場合も、子供ができたといわれてもまだ、自分の時間がほしいということで否定する意見をいうことがあります。自分は遊びの延長線でセックスして、子供ができることは女の責任と考える男性もいます。このような場合、真剣な恋愛ではなかったということが多く、社会的地位や安定した職に就いてしないことが多いようです。その結果、一人で何とかしようと考えて悩んでいる間に、子供も大きくなり、自分が育てると覚悟を決める人もいます。

既婚者の方の子供を妊娠した場合も、相手には家庭があり、シングルマザーで未婚を選んで子供を産むこともあります。現実的には、養育時などの援助もなく、一人で子供を育てている女性が多いようです。

相手の男性が犯罪などで捕まった場合などは、結婚や認知について好意的な男性であっても事件などを起こしてしまったということを女性側から否定されてしまい。女性は子供には罪はなく、自分ひとりで育てることを決断します。

実際に、シングルマザーの人のブログなどを目にすると出産費用や養育費などがかさんでしまったという書き込みをよく目にします。実際に今の時代は、夫婦で子供を育てている家庭でも共働きが多くなっていますが、一人で働いて育てる際にも、かなりの費用が掛かります。

シングルマザーで未婚を決断した時に、家族などが反対しない状態で受け入れてくれる場合には、問題ないと思いますが、反対した場合には、一人で育てることにより、大変な思いしている人も多いようです。

何よりも、育てている間には、様々なことを考えている人もいます。産まなければよかったなどと、相談する人もいない状態で、金銭的にも、精神的にも自分が追い込まれてしまうケースも多いといわれています。