月別アーカイブ: 2014年5月

間違ったダイエット法|短時間で痩せることに潜むワナとは・・・

ダイエットをやっていく際には、少しでも早くスリムになったらいいなと思うものです。

この考え方は危険だから、急ぐのはやめましょう。

早くダイエットをやっても、結局うまくいかないものです。

人間の体は生きているので、正しくない方法は健康を害してしまう危険性があるからです。

たぶん、みんな早く痩せたいので正しくない方法でやった経験があるのではないでしょうか?

うまくいかなかったでしょう。

1瞬はスリムになれても、続かないから意味がないのです。

私も過去に何十回も早く!と思ってやってきましたが、うまくいった経験はなかったですね。

私の友人はダイエットに失敗して、入院しました。

身近で見ていたので、怖かったな。

友人は何も食べないのです。

水も太るからとか言って、飲まなかったのです。

脱水症状になって、病院に運ばれてしまいました。

時間がたったけれども、まだ元気がありません。

人間が生きていく時には、食べないと生きていかれません。

息をするのも心臓が動くのも、食べものがあるからです。

もしも食べ物がなかったら、息もできないし、おしっこもできません。

ダイエットは危険がいっぱいです。

そのままだったら、餓死してしまうかも。

その辺は、理屈で考えたら簡単なことと思うのですが、実際には頭では分かっていますが、ダイエットをしたくなってしまうのです。

何日間もやらなくてはならない方法は、つらくて長くはやっていかれません。

負担がかかると病気になってしまうので、あなたもダイエットをやるときには注意をしてください。

芸能人とか、明らかに細いですよね。

何で、芸能人はあんなにも痩せているのでしょうか?

たぶん、まともなものを食べていないのでしょう。

芸能人でも、体が病気になってしまう子はたくさんいるとか聞きました。

食べ物は体には必要だから、どんなダイエットをやっていくのにしても食べなくてはならないのです。

世界中の人が痩せたい!

と思っていますが、痩せることは簡単なことではありません。

栄養バランスも考えながらダイエットをやっていくことは、なんでこんなにも難しいことなのでしょうか?

規則正しく生きていくのは簡単なように感じますが、実は非常に難しい事でもあるのです。

あなたもダイエットを行う時には、栄養のことにも気を使ってください。

これからは、体にもいい方法で確実にスリムになれたらいいですね。

20代、30代の女性にはない私40代女の強みとは・・・

若い時には、みんなきれいになってみたい!

と思うものです。

結婚とか恋に関心があるので、きれいになりたい気持ちは大きくあるのでしょう。

私は40代になっても独身です。

ほかの子は結婚してママになっていますが、自分は独身だから自由なものです。

それに、結婚していたらお金も好きには使うことはできませんが、独身だから自分が好きなように使えてうれしく思うな。

今になったら、変に結婚しなくてもよかったのかな?

自分のために、お金を使ってさらにきれいになっていきたいです。

結婚したら、もう自分はダメ!

とか思って、きれいになることもやめてしまう子もいますが、そんな考え方はよくないよね。

いくつになっても、キレイでいられるようにやっていかなくてはならないと思うものです。

今後は、もう少し美容代にもお金をかけて、頑張ってやっていかれたらいいですね。

昔は、女の幸せは結婚!

とか思う人が多かったので、結婚できなかったら人生の負け組!

のように感じてしまいました。

そんな時代ではなくなったので、どんな環境でも自分がきれいになりたい!

と思うときれいになれます。

40代でもきれいな人はたくさんいますから。

芸能人でも子供を産んだら、急に老けてしまう人もいますがいくつでも変わらずきれいな人が多いね。

子供を産まない方が、きれいでいられるような気持がします。

女性の生き方も多様になってきたので、自分の考え方や努力があったら美しくもなれるものです。

1番嫌だな!

と思うのは、もう自分は年だから何をやっても無理!

と初めから、あきらめてしまうことです。

あきらめてしまうと、そこできれいになれる可能性は少なくなってしまうと思うので注意をしたいです。

あなたも、もう自分はダメ!

とか思ったら、そこですべてがストップしてしまいます。

あきらめないで、何でもやっていくことがいいのではないでしょうか?

年齢はいやなものですが、あきらめなかったら誰でもきれいになれるチャンスはあるものです。

私もこれからも年齢には負けないで、きれいになれるように頑張ってやっていこう!

とか思っているのです。

40代になっても50代になっても、ケアーをやったらその分きれいになれると信じています。

どんな美容術できれいになったらいいのか考えていても、楽しみな気分になってしまうものです。

やったこともない方法できれいになれたら、みんなに自慢したい気持ちでいっぱいになってしまうのです。

20歳のときのスキンケアと今のスキンケアはかなり違います。

若い時には、特別なケアーをやらないでもお肌はきれいだったのに、年々何かやらなかったらいけないなと思うようになったのです。

あなたもお肌がこのままだったら、よくないなと思うこともあるのではないでしょうか?

私も若い20歳の時とかは、適当なお肌のケアーになっていたので、正直少し反省しています。

あの時から、もう少し本格的にやっていたら、このお肌ももう少し美しいものになったのでしょうか?

何もやらなかったら、大事なお肌がさらに汚くなってしまうと思うので、今からできることは何でもやっていきたいですね。

少しお金もあるので、贅沢なケアーができるのではないかと少し楽しみになっています。

お金をかけたら、その分できるケアーの種類はたくさんあるのではないでしょうか?

ネットを見たら、高いお金をかけたらいくらでもできることがありそうなので、楽しみになっているのです。

今から、どんなケアーをやったらいいのか計画を立てているのです。

若い時には、そんなにスキンケアーにかけられるお金もないので、いいケアーができなくても徐々に自分に余裕が出てきたらやりたいケアーもできるようになっていくものです。

女性もお金があったら何でもできるので、楽しみなことも広がっていくのではないでしょうか?

それに、結婚したら自分がやってみたいなと思う美容術があってもできませんが、私は独身ですから、やりたい方法は何でも試すことが可能です。

この辺もうれしいです。

友人は結婚して2人子供がいますから、やってみたい方法があってもできない!

と嘆いていました。

確かに、、子供がいたら難しいかもしれません。

子育てには思った以上にお金がかかるので、友人も今の自分の状況では、自分の美容術にお金をかけるのは簡単ではない!

と言っていました。

結婚したら、お金はすべて自分のものではなくて、旦那や子供のためにも使わなくてはならないからです。

私はやろう!

と思ったらすべて自分のために使うことができますから、その辺は結婚している子に比べたらありがたいかもしれません。

若い時には本気でやらなかったので、今回こそは本気でスキンケアーをやってみたいですね。

本気でやったら、自分のお肌がどこまできれいになるのかといった楽しみも多くなっています。

あなたももう自分はオバサンだから!

とあきらめないで、自分の年齢にあった美容術をやってきれいに変身できたらいいですね。

やったらやった分だけ、きれいになれるのが女性というものだからです。

どうしてもこの年になるとむくみが取れないのです。

女性のお悩みには様々なものがあると思うのですが、むくむということもお悩みに思う方が多いものではないでしょうか?

顔や足や体がむくむので嫌です。

私も顔や体のむくみには悩んでいますから、何とかしたいなと思ってきたのです。

特に気になるのは顔のむくみです。

顔がむくむと、メイクもできないしひどいね。

若い時から、むくみは感じてきましたが、特にこの数年むくみはひどくなる一方なので、一体どうしたらいいのか真剣に悩んでしまいます。

顔がデブになったイメージになってしまうので、本当にむくみは気になるものです。

友人でもむくみに悩んでいる子はたくさんいますから、多くの方が困っているかもしれません。

聞いた話では、お酒を飲んだら、顔のむくみはひどくなってしまうと聞きました。

お酒は飲まない方がいいかもしれません。

私はお酒が好きだから、よくないとは分かっていても、飲みたくなってしまうのです。

なんか、効果的なむくみの解消方法はないのかな?

友人は年中立って仕事をしていますから、そのせいで足のむくみがひどい!

と嘆いていました。

確かに、立って仕事をしていると、足のむくみになってしまうことはよくあります。

顔や足や体のむくみは深刻な問題なのです。

女性は血行が良くないので、その分体や足がむくみやすくなるとかいう話を聞いたことがあるのです。

私の血行もよくないと思うのですが、いったいどんな方法をやったら、血行が良くなるのか分からない。

血行促進には何がいいのかな?

体が病気にかかっても、むくむようになると聞きました。

病気の症状で、体がむくむことも十分にあるのではないでしょうか?

まさか、私は病気にかかったということはないと思うのですが、体のむくみは気になってきます。

あなたも体のむくみは気になっていますか?

どんな方法で、体のむくみの良くなるようなケアーをやっているのでしょうか?
むくみサプリを使うというのも一つの手ではあります。

もしも、なんか体のむくみのケアーに効果が高い方法があったら、私にも教えてほしいですね。

このままだったら、どんどん体や顔がむくんでおばさんポイイメージになってしまいます。

太ってもいないのに、太った!

といわれることは、気に入らないですよね。

顔や体がむくんでいたら、それだけで女性は憂鬱な気持ちになってしまうので困るものではないでしょうか?

あなたももしも顔や体がむくんでいたら、気をつけなくてはならないでしょう。

芸能人で40歳を過ぎてもまだまだ綺麗な人を見て思うこと

一般人でもキレイでいなくてはいけないと思う気持ちが大きいので、芸能人でも自分が美しくいなくてはならないと思う気持ちは大きくあるものです。

そのプレッシャーは、すごいだろうね。

私も美容のことには悩んでいますから、芸能人のお悩みも深刻です。

鏡を見たらシミやしわなどがたくさんあるので、どうしたらいいのでしょう。

先日は、テレビで若返りの最先端の方法が放送されていました。

それを見ていたら、さまざまな画期的な方法で、きれいになっていくことができるのです。

私もあきらめないで、やっていこうかな?

でも…。

あまりにも若い!!

ことを自慢にしているのも、奇妙な感じがしませんか?

少々しみとかしわとかがある方が、何となくチャーミングかなと思うのですがあなたはいかがかな?

上から下まで、どこからどう見ても人工的な感じになっているのはそんな魅力的には感じられません。

男性もあまりにもやりすぎなのは好まないと思うよね。

開き直って、デブになってもしわがあってもいいじゃん!!

とか思うのですが…。

美はその人によって感じ方が大きく違っていますから、自分が納得いくまで極めたらいいかもしれません。

美容整形手術や豊胸手術もやったらきりがないものです。

1回やったら、ハマってしまうので、何回も繰り返す人も少なくないと聞きました。

確かに、きりがないかも。

人間はいやだなと思っても老けてしまうことは避けられないので、整形手術も豊胸手術もどんどん何回でもやりたくなってしまうものかもしれません。

あなたは、どんな考え方を持っていますか?

芸能人は最先端の美容術を知っていますし、お金もたくさんありますから、いくらでもやりたいケアーはできるのでしょう。

うらやましい気持ちで、いっぱいになってしまうのです。

人間の欲望も際限なく広がってしまうものですが、あまりにもすべてが手に入れられたら、危険な結果になってしまうかもしれないので、注意をしなくてはならないですね。

少しぐらいシミがあってもしわがあっても、人間的に魅力がある思う女性になれたらいいです。

いかにも、整形しました!

注射しました!

胸を大きくしました!

というのは流行らないことですよね。

男性も完璧に全身若返った女性のことは気持ち悪い…。

といいイメージを持たないと思うのですが…。

女の欲望はとどまらないからたまに怖い!

とか思うことも出てきます。

何でもできる時代になったら…。

あきらめるということができないかもしれません。

私が40を過ぎて若返りに目覚めた理由・・・

実は私は2児の母親でもあるのですが、
そんな私が若返りに目覚めた理由をちょっとお話ししてみようと思います。
私が結婚したのは23歳の時。
主人は一つ年上で24歳でした。
私たちは大学のサークルで出会ってそのまま意気投合して結婚まで一直線って感じで
籍を入れることになりました。
同時の彼はとてもやさしくて私を一番に思ってくれていたのです。

これほど女にとって幸せなことってないですよね。
自分を一番に思ってくれる、大切にしてくれるっていいうダンナだったわけです。
結婚4年目に子供ができてそのさらに3年後にもう一人の子供ができたんです。

優しいダンナとカワイイ子供に囲まれてとても幸せな日々を送っているつもりでした・・・

ですが、

子供を産んだあたりからでしょうか。

なんとなくですが旦那が私に興味を感じなくなっていくのが分かっていくのです。
いわゆる夜の夫婦生活みたいなものはそれまで頻繁にあったのですが、
子供ができてから3か月に1回あるかないか、みたいな・・・
子供が生まれたら見る目が変わるって男の人はよく言われていたりしますが、
その言葉がピッタリあてはまるって感じでしたね。
正直、とても悲しかったのを覚えています。

 

ですが、そんなことばかりいってられません。
子供をちゃんと独り立ちできるまで育てるのが親の役目でもありますからね。
そうやって長い年月が経過していくわけですが、
ようやく最近子供の手離れができはじめた時期なのです。
よっしゃ!!

この時期だからこそ、もう一度女に磨きをかけてやる!

って決心したんですよ。